お見積り依頼 お問い合わせ
平日8:30〜17:00 定休日/土日
INGRAMATIC製ローリングマシン

INGRAMATIC製ローリングマシン

Ingramatic

超高精度

高い生産効率で機械を製造する場合、超高精度な機械加工が必要不可欠です。
この目標を達成するには、ねじ転造盤など高い応力がかかる機械に組み込まれる機械部品の品質は妥協することはできません。
INGRAMATIC社は、業界で用いられる最も革新的な技術を駆使して、あらゆる機械加工をSACMAグループ工場内で行うことを決断しました。これにより、当社製品すべての総合的品質管理が可能になりました。

すべてのワークピースに対して、体系的かつ厳格な最終検査を実施してから保管することで、最適な適合性と互換性を保証します。

高強力素材の選択、最新式の熱処理、極めて高精度の平面研磨、ラップ仕上げにより、INGRAMATIC社のねじ転造盤には迅速力と信頼性が得られるとともにランニングコストを抑えることができます。

ベース

ベースは、精度と信頼性に影響を及ぼすため、工作機械、特にねじ転造盤の性能にとって重要です。

長年にわたる経験、非常に高性能なシュミレーションシステムを使用した研究、実験的変形解析がこのコンポーネントには不可欠です。

INGRAMATIC社のベースは、エレクトロ溶接鋼板製で、工作機械での加工前に熱応力が除去されています。RP32以下のマシンでは、ベースはパーライトダクタイル鋳鉄製の一体鋳造物で、高速生産により発生する振動を最適に制振できます。

ベースは、これをサポートし、クーラントの回収タンクとして機能するプラットフォームに固定されています。構造上の観点からは、これは非常に堅牢なシステムであり、作業環境に撒き散らすリスクのない最適な加工液の管理が可能です。

FEMソフトウェアで最適化された新しいデザインは、熱処理されたワークピースや特殊なプロファイルの回転により発生する応力に対抗するために役立ちます。

モータ駆動式ガイド

供給ガイドは、フィーダからブランクを受け取り、正確に向きや位置を合わせて、これをフィードユニット、そしてツールに送ります。

このコンポーネントタイプは、調整がしやすく、摩耗や損傷に対する耐性と安定性があることが必要です。
INGRAMATIC社のガイドは、優れた耐久性を保証するために、供給エリアでは特殊硬化鋼製となっています。

ガイドは互いに上部で接続されており、その幅広い高さ調整レンジにより、非常に長いワークピースも簡単に装填できます。

ガイドの高さ調整はモータ駆動式で、加工対象ワークピースに対する高さ記憶機能を備えています。

モータ駆動により、振動式フィーダ付きのガイドを自動整列することも可能です。
大型マシンでは、モータ駆動式ガイドの開閉を、プリセットを使用して調整することも可能です。

油圧ガイド付きスライド

自動車セクターや産業全般において、ねじ切りの精度およびコンポーネントの耐疲労性を向上させるために、焼き入れや焼き戻しを行ってからねじ切りするねじやファスナの需要が高まっています。

このプロセスには高い応力が伴うため、特別に設計された加工機械と特別なオプションを使用する必要があります。

INGRAMATIC社では、サイズ5以上のマシンには耐荷重が大きく、著しいダンピングが可能な油圧ガイドシステムを採用しています。
加圧された潤滑油は、分配装置を経由して、ベースに固定されている特殊なブロンズガイドへ送られます。 ガイドの油圧ポケットにより油の層が形成され、作業負荷を均等に分配し、ワークピースがダイス間に挿入されたときに発生するあらゆる衝撃を吸収します。

高強力軽合金製のスライドの供給エリアと可動ダイスハウジングは硬化鋼板製となっており、交換するコンポーネントの重量を低減して高速生産を実現します。
ガイド潤滑油は冷却とフィルタ処理後、クローズ回路内を再循環します。
これにより、クーラントが汚染されることはなく、ランニングコストの面で大きなメリットがあります。

パルスハンドル

ねじ転造盤の運転中は、装填ユニットの作動と適切な
ねじ転造を常にチェックできると便利です。

オペレータは、使いやすく、最も安全な環境で作業でき、ツールや機械のあらゆる損傷の可能性を排除できる装置を必要としています。

INGRAMATIC社は、さまざまな操作を簡単に実施できる電子式フライホイールをねじ転造盤に装備しました。

・ブレーキ·クラッチユニットに不必要に負荷をかけることなく、非常に低速でスライドのマニュアル移動ができます。
・ワークピースを半回転させ、その後逆回転することにより、非常に簡単に加工状況をチェックできます。
・制御された速度で装填の目視点検ができ、ワークピースが所定の位置に達するまで小刻みな移動や、逆回転が可能です。
・減速してワークピースのねじ転造を行うことにより、連続生産を開始する前に、運転サイクル全体を確認できます。

機械仕様

機械仕様

PDFのダウンロードはこちらから